食育の大切さ | 愛知県尾張旭市にあるあさひおっきい保育園は、
遊び・食育を大切に安心して生活できる空間を目指します。

お問合せはこちらからどうぞ! 0561-54-2704
メールでお問合せ
お電話 メール

食育の大切さ

食べることは生きる源 ~ 子どもの発達に見合った食事内容 ~

給食カリキュラムに沿った食事内容、一人ひとりの特徴にあわせた配慮を心がけ、
味覚の健全な発達のためにも、薄味、甘みをおさえた味付けにしています。

給食・おやつ・お弁当

食育の大切さ
離乳食
食育の大切さ
幼児食
食育の大切さ
おやつ
食育の大切さ
おべんとうの日

体験

食育の大切さ
流しそうめん
食育の大切さ
もちつき
食育の大切さ
体験 山野草のてんぷらの会1
食育の大切さ
体験 山野草のてんぷらの会2
食育の大切さ
体験 ちゃんちゃん焼きの会
食育の大切さ
体験 さんまを食べる会
食育の大切さ
体験 野菜の展示
食育の大切さ
体験 大根の抜き菜を食べる
0歳時期
準備食から完了食まで5段階あり、少しずつゆっくりと、種類を増やし進めていくことで、かむこと、
のみこむことが十分出来るようになります。
5ヶ月を過ぎるころからコップや哺乳瓶を持って飲めるように働きかけます。
7ヶ月を過ぎるころにはできるだけ自分で食べるように働きかけ、意欲を大切に育みます。
1歳時期
食べたいものがわかり、欲しいものだけ要求したり、嫌なものは手で払い除けたりします。
子どもの要求を大切にし、欲しいものをしっかり食べます。
自分で食べる意欲を大切にしながら、スプーンの使い方も知らせていきます。
2歳時期
好き嫌いがはっきりしてくる時期です。
栄養素の特徴を簡単に説明したり、友達を意識させ、3歳を迎える頃には、 「嫌いだけど ~ だから食べてみる」という気持ちを育てていきます。
さらに、簡単、かつ基本的なマナーを知らせていきます。
幼児期
盛り付け量をおいしく食べられるようになります。
嫌いなものでも友達が食べているのを見たり、働きかけられて食べるようになります。
自分で自分を励まして食べようとする姿があります。
箸の使い方が安定し、食器に手を添えたり、食器を持って、良い姿勢で食べられるようになります。
食事のマナーを知らせます。
自分で自分の身体を管理する力の基礎ができてきます。
食べることと自分の健康との関連を考えられるようにし、食に対して主体者となれるように働きかけていきます。

調理室

入園のご案内
© 社会福祉法人いしずえ会 あさひおっきい保育園 All Rights Reserved.